別れた恋人と復縁するなら注意すべき三つの事柄

別れた恋人と復縁するなら注意すべき三つの事柄

交際していた恋人と別れた場合、すぐに立ち直れる人は少ないはずです。
彼との楽しかった日々を思い返すうち、「どうしても復縁したい」という結論に達することもあります。
しかし、復縁へのアプローチは慎重に考えなければなりません。
自分では上手にアプローチしたつもりでも、彼にとってはプレッシャーとなる場合もあるからです。
ここでは、復縁を目指す時に避けるべき三つの事柄をまとめました。

 

 

彼にしつこく電話やメールをするのは避ける

彼と別れると喪失感に襲われ、心にぽっかりと穴が空いたようになります。
せめて声だけでも聞きたい、メールのやり取りをしたいと思うのも無理はありません。

 

「前のように付き合いたい」「私も反省して欠点を改善するので、チャンスを与えて欲しい」
こうしたことを電話やメールでしつこく訴えるのは、復縁の妨げとなります。

 

彼としても、一つの恋が終わったばかりで気持ちを整理している最中なのです。

 

そこへ強引かつ頻繁に連絡を取れば、彼をイライラさせる原因となります。
最悪の場合、あなたに対する印象が悪くなり、復縁を考える余地がなくなる可能性もあります。

 

電話やメールの着信を拒否されてしまったら、連絡を取る手段すらなくなってしまいます。

 

彼には短い会話や文面で連絡を試み、返答がなければ一度アプローチを休止しましょう。

 

 

彼に対するストーカーまがいの行為は避ける

大好きだった恋人と別れれば、その後の彼の動向はとても気になります。
彼の行動スケジュールや交友関係、新たな女性の影がないかなど、とことん知りたくなるのは事実です。

 

だからといって、彼をつけ回したり、共通の友人にしつこく探りを入れたりするのは良くありません。

 

特に近年はSNSの普及により、個人の情報が広く公開されています。
それを逆手に取り、彼の日記やブログなどを読んで行動を把握する例もあります。

 

もし彼がこれらの事実を知れば、監視されているような不快感を抱くはずです。

 

復縁を考えるなら、彼に嫌われるような行動を控えることが必要不可欠です。

 

 

彼に対して自傷行為を見せつけるのは避ける

彼との復縁を思い詰めていると、思考が悪く暗い方へと進みがちです。

 

「あなたがいないとこの先生きていく自信がない」「復縁してくれないなら死んでやる」
彼の元に押しかけ、ナイフでリストカットをしたり医薬品を大量に服用したりする人もいます。

 

しかし、こうした自傷行為は絶対に反則です。

 

彼の不安をあおり、無理やり復縁したとしても、今後幸せになれる保証は全くありません。
彼を負の感情で縛りつけても、あなたの存在が重荷となってしまいます。

 

もしかしたら、再度の別れに突入してしまうかも知れません。

 

そういう不幸のスパイラルが続けば、本当の復縁はできないのです。

 

 

おわりに

もし、この三つの事柄にあたる行為をしてしまった人がいたら、今すぐ中止することをおすすめします。
そして自己中心的な考えを捨て、本当に彼と自分が幸せになれる復縁を目指し、地道な努力を重ねましょう。

 

▽無料占いランキング▽

復縁体験談