国境を越えた恋愛、運命的な復縁に成功しました

国境を越えた恋愛、運命的な復縁に成功しました

私は41歳の主婦です。夫はアメリカ人です。実は私たち夫婦は昔一度結婚していたのですが、離婚しました。
二人の出会いは、私が英会話学校に通っていたとき、講師の先生が今の夫でした。
授業が終わってからも個人レッスンでよく2人だけで会話の練習をしました。

 

そうしているうちにだんだん恋愛感情が芽生えてきた私たちはおつきあいをすることになりました。
国境を越えた恋愛がどこまで続くかと思われていたのですが、そのまま私たちはゴールインすることになったのです。
夫は自分で英会話学校を設立し、私はその補助として毎日お手伝いをしていました。結婚当初はとても幸せな日々でした
毎日一緒にいられることが楽しくて、もう全てのことがバラ色に見えたのです。

 

しかしそんな幸せの日々もそんなに長く続きませんでした。
夫の英会話学校が資金繰りに困り、とうとう経営破綻してしまったのです。

 

連日押しかける債権者たち。私はいつも家の奥でおびえていました。
そしてこの大騒ぎの中で私たちは離婚を余儀なくされました。

 

夫はこの騒動が私に影響しないようにという配慮で離婚を申し出てきたのです。
私は悲しくてたまりませんでしたが、仕方ありませんでした。

 

その後夫はアメリカに帰り、3年が経過しました。
私はどうしても復縁してもう一度夫と幸せに過ごしたいという思いが日増しに強くなっていきました。
しかし連絡を取ろうにもなかなかつながらずあきらめかけていました。
そんなとき、車のラジオから聞こえてきた電話占いというものに興味を持ち、一度電話してみることにしました。
電話の相手は霊感占い師の男性でした。
彼が言うには、「今ご主人は日本にいます。それも隣町の大きな公園のすぐそばにいるようです」といことでした。

 

それで隣町へすぐに出かけ駅前の大きな公園の周りを探していると、偶然そこで伝道師として自転車に乗っている夫を見つけたのです。
夫はびっくりしていました。
まさか自分の居場所がわかるなんて思いもよらなかったのでしょう。

 

そして私たちはその日の夜久しぶりに食事をし、現在のお互いの近況を話しました。
夫も随分日本語が上達していたのには正直びっくりしました。
それから何度か私たちは食事をともにし、お互いの家にも行き来するようになりました。
そして自然な流れの中で復縁の話が出たのです。

 

夫も別に私のことを嫌いで離婚したわけではなかったようなので、破綻した事業の後始末が終わった段階で入籍することにしたのです。
それから半年、夫も必死で借金の返済等を済ませ、復縁の準備ができました。
そして私たちが一度目入籍したのと同じ5月3日に一緒に役所へ婚姻届を提出してきました。
こうして紆余曲折ありましたが、何とかまた幸せな日々を過ごすことができるようになりました。
思えばあの電話占い師のおかげで夫の居場所がわかり、運命的な再会を果たせ、無事に復縁できたのです。
とても感謝しています。

 

体験者が使ったサイトはコチラ

→電話占いウィル←

復縁体験談