3ヶ月連絡を絶つ復縁への近道

3ヶ月連絡を絶つ復縁への近道

失恋し、打ちひしがれている人々にありがちな行動は連絡をすぐに取ってしまうことです。
音沙汰が無いという事実が失恋であるのにそれを認めたくない為に、わずかな可能性に期待して連絡を取ろうとしてしまいます。
しかし、別れを告げた方からすればうんざりです。
舌の根も乾かぬうちに連絡が来るのはうっとおしく感じてしまいます。
復縁を本気で望むのであれば、最低3ヶ月連絡を断つことです。

 

 

なぜ3ヶ月なのか

連絡を断つ期間の目安に3ヶ月とおいた理由ですが、それは季節の変化が明らかに分かるからです。

 

真夏の暑い時期に別れたのであれば、木枯らしが吹く季節に連絡をすると向こうの気持ちも一段落ついているはずです。

 

また相手からすれば、あなた自身もそれだけの期間に何かしら反省点を持って別れた原因を追究したのではないかと感じるはずです。

 

 

慣れない景色に慣れた頃

別れたばかりの時は、お互い相手がいない景色に慣れずに戸惑うことも多いかと思います。
振ったとはいえ相手も何か物足りない寂しい気持ちに駆られるかと思います。
また、マンネリカップルの場合は特にそれを感じることでしょう。

 

そうした見慣れない景色に慣れた頃、再度連絡を取るとその行為が新鮮なものに変わります。

 

相手からの連絡が、ちょっとしたハプニングになるのです。
そのハプニングを活かして復縁へのステップを踏むと成功しやすいのです。

 

 

冷静に復縁を望める

別れたばかりの頃は、復縁をしたい気持ちが先行し相手の気持ちも考えず自分本位になりがちです。
そうした行為は相手からすれば迷惑なもので、よりいっそうあなたへの気持ちが冷めてしまいます。

 

一旦連絡を絶つことでリセットされた心で、相手のことを思いやりながら自分の気持ちを伝える方が復縁の成功率はアップします。

 

 

相手のいない一人きりのイベントを経る

恋人がいると、春夏秋冬のイベントは楽しく満ち足りた気持ちになるものです。

 

しかし一人きりですと途端に虚しく居場所のないような心細さに苛まれます。

 

そうした寂しさを、互いにワンシーズン経験することによってやはりパートナーが必要だという気持ちが芽生えることもあるのです。

 

そこで復縁へのアクションを起こせばうまくいくこともあるかもしれません。

 

 

おわりに

復縁には時間が必要です。
相手を一人にしてあげる時間とあなたが一人になるべき時間です。

 

日にち薬と言いますが、時間が経つとまた違う角度から物事を冷静に捉えることが出来るので、復縁をするにもより可能性の高い方法を分析し実行出来るようになります。

 

もう一度愛する恋人の心を取り戻しましょう。

 

▽無料占いランキング▽

復縁体験談