うつ病で働けなくなった夫が暴力を振るってきて離婚・復縁しました

うつ病で働けなくなった夫が暴力を振るってきて離婚・復縁しました

私は49歳の主婦です。
以前はパートに出ていましたが昨年からは勤めをやめて専業主婦をしています。
それはなぜかというと、昨年、再婚したからです。
相手は、昔私が結婚していた人です。

 

そう、つまり復縁なのです。
私は大学を卒業してしばらくは車のメーカーに勤めていました。
毎日が楽しくて新鮮でした。

 

そんなある日、来客で来られたK社のYさんにお目にかかったのです。
お互い、初対面だったのですが、なぜか初めて会ったような気がせず、最初から意気投合してしまいました。
そして初めて食事に行った日にいきなりプロポーズされてしまったのです。
まだお付き合いも始まっていないのに!
そんな彼の強引さに魅力を感じた私は即OKし、半年後に入籍しました。

 

結婚当初は本当に幸せでした。やがて子供も二人恵まれ、楽しい家庭を築くことができました。
しかし不幸はある日突然襲ってきたのです。
夫の母親が突然他界したのです。

 

夫はとてもショックだったようで、毎日ふさぎこんでばかりいました。
やがてうつ病になり、仕事も休みがちになった頃から、ノイローゼになり、入院してしまったのです。

 

一家の家計を背負うのは私だけとなってしまい、それからパートの仕事を見つけて毎日働く日々が過ぎていきました。
子供たちの世話は実家の母に任せ、必死で働きました。

 

しかしそんな私の奮闘ぶりが逆に気に入らないのか、夫は私に暴力をふるうようになったのです。
私はもう耐えられず、子供と家を飛び出し、離婚することにしました。
しばらくはもうこれでせいせいしたという気持ちでした。

 

夫のことなど思い出したくもなかったので、そんな平和な毎日に満足していました。

 

そんなあるとき、趣味でやっていた電話占いのことを思い出し、何を相談するわけでもなく、一度電話をかけてみたのです。
電話の相手は、西洋占星術の女性でした。
彼女は私の名前と生年月日だけを聞くと、いきなり私を叱りつけたのです。
「あなたは今それでいいのですか?ご主人を放っておいていいのですか?」と言い出したのです。
夫のことなど何もしゃべっていないのにいきなり説教が始まったのです。

 

続けて言うには「今ご主人はとても寂しがっています。あなたが家を出て行き、一方的に離婚したことを大変悲しんでいますよ。このまま放っておいたらあなたは死後の世界できっと苦しめられるに違いありません」と言うのでした。

 

私は怖くなって、一度元の家に行ってみました。
すると家の中は散らかり、カップラーメンや一升瓶があちこちにころがった部屋の片隅で寝転がっている夫がいたのです。
夫は私の姿に気づくといきなり泣き出しました。

 

私はその時初めてとても悪いことをしたという思いに駆られました。
それ以来、私と子供は再び家に戻り、共同生活を始めたのです。
そして1年後、、子供が小学校に上がるのをきっかけに再び入籍しました。
こうして電話占い師に相談したおかげで私たちは復縁することになったのです。
人生どこでどうなるかわからないですね。

 

体験者が使ったサイトはコチラ

→電話占いピュアリ←

復縁体験談